--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の出来事

2010年06月20日 14:56

6月10日、パンジャの歯はよくなっている気配がないので、今度はうさぎ治療で有名な、藤沢のきち動物病院に行ってきました。木曜の午後は休診にもかかわらず、ご飯を食べないと言ったら合間に診てくれるとのことでした。

PAP_0075.jpg

この日は暑かったので、パンジャの輸送にはたいそう負担だったに違いありません。
ちゃんと冷却パックを用意してあげなかったことを後悔しました。
電車+バスでしたから。


病院ではそれほど待たされることもなくよばれました。


先生は噂どおりうさぎの扱いに慣れていて、まずおなかをさわり、ガスがたまってないか、うったいではないかなど確認し、やはり歯のせいかな、と言っていました。


それから爪がのびていたのできってくれました。


歯は、抜いたほうがいい、と言われました。


しかしとりあえず削ってみるとのことで、神経も切るから血がでるよ、と言われました。


パンジャは仰向けに抱っこされ、獲物状態。

PAP_0074.jpg


かなり下の歯がとびでているのがわかります。



それを、電動の人間用の機械で削りました。

PAP_0073.jpg


なんと麻酔なしでもうさぎがじっとしています。
驚きです。


先生は歯の両側から削り、神経の部分を最後に残すようにしていました。


そして神経だけになったところでぽろっととりました。


こんなに長くきったのです。

PAP_0072.jpg


これで、上も下もすっきりしました。
PAP_0070.jpg



帰ったら、早速牧草を食べていました。
やっぱり歯のせいだったのね・・・・



またすぐ伸びるので3週間後に来てください、といわれ、予約を入れました。


ですが、治ることは可能性が薄いので、面倒だったら抜いてしまってください、とも言われました。



複雑な気分です。



素敵な先生だから、友達になるために、しばらくは通おうかな。

**************************************
こんなパンジャがかわいいと思っていただけたら
ぽちっとよろしくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 うさぎブログ ライオンウサギへ

にほんブログ村

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。